独学プログラミング(失敗編)【217~220日目】

プログラミング日記

独学プログラミング(Ruby on Rails編)【217日目】

HTML、CSS、PHPに引き続き、「Ruby on Rails」に挑戦することにしました。が、記事タイトル通り「失敗」になります。読んで下さる方は、ご注意下さいね。

下準備

まずは、下準備です。サンプルファイルのダウンロードはお手の物(笑)ですが、必要なソフトウェアをどうすれば良いのか思案中です。
参考書の推奨は、こちらです。

  1. プログラム記述のテキストエディタ:VisualStudioCode
  2. プログラミング言語:Ruby
  3. データベース:SQLite
  4. Rails本体のプログラム:RubyGems

RubyとRubyGemsは、無事にインストールできました。これまでと同様にテキストエディタは「SublimeText」、データベースは「xxamp」を使いたいです。SublimeTextとxxampをしっかり初期設定できるかどうかが、問題ですね。

とりあえず、挑戦してみます。うまくできなければ、参考書推奨ソフトウェアを検討します。

 

独学プログラミング(Ruby on Rails編)【218日目】

下準備の続き

SublimeText設定です。今までずっと、SublimeTextを使ってきたのですが、設定したプラグインが十分なのかどうかわかりませんでした。ひとまず、自分でインストールしたプラグインの一覧を出せるようになって、良かったです。

いまさら日本語化を適用し、一覧を見つめています……。RoRを使うのに、十分なのかなぁ…。

 

独学プログラミング(Ruby on Rails編)【219日目】

VScode

準備完了、アプリ作成!と楽しみにしていたのですが、まだ準備不足だったようです。VScodeというソフトをインストールです。

プログラミングで挫折したくなるのは、ローカル環境設定とか使用ソフトウェアのインストールと設定のせいも、あるかもしれませんね。

 

独学プログラミング(Ruby on Rails編)【220日目】

1回目?

VScodeが英語で表示されて、驚きました。慌てて日本語をインストールです。やはり、初期設定が難しいですよね…。そして、「rails new sample」でエラーです。
心、折れます(苦笑)。

2回目?

参考書ではVScodeですが、やっぱりSublimeTextを使いたいのです。テキストエディタとしては使えると思いますが、ターミナルやコントローラ機能は、結局、windowspowershellに戻ります。

どうすればいいんだろう……?

3回目?

  • プログラム記述のためのテキストエディター
    SublimeText
  • プログラミング言語
    Ruby
  • データベース
    XAMPP
  • Rails本体のプログラム
    Rails(たくさんのRubyGemsの集まり)

いろいろ試してみた結果、XAMPPの設定がうまくできていない、のかな??

7回目くらい?(もう思い出せない)

もはや何日目か思い出せないです(苦笑)。MSYS2がきちんとインストールされていなかったようで、違うバージョンをインストールしました。

  1. Rubyのインストール
    Ruby+Devkit 2.6.6-1 (x64)
  2. SQLite3のインストール
    「sqlite3.dll」「sqlite3.dll」を「C:¥Ruby26-x64¥bin」へコピー
  3. Ruby on Railsのインストール
    「gem install rails -v “5.2.3”」

このあとが続きません。どうやらwindowsで環境設定するのが難しいようなのですが……。

 

というところまで到達して、ようやく、windowsでRuby on Rails環境設定することが、高難易度であることを突き止めました。本当に、気付くのが遅かったです(反省)。プラットフォームの不具合で、こんなに手間取ったのは、初めてだと思います。
私がやりたいことは「アプリ開発」です。他にもアプリ開発できる言語はありますし、プラットフォームをまるごと入れ替える方法もあります。

一瞬、Ruby on Railsは中断します。が、プログラミング勉強は、これからも続けていきますね。

(気分を入れ替えるために、別の言語を勉強してみよう(笑)。)