なぜ勉強計画を立てるのか

勉強

なぜ勉強計画を立てるのか

勉強をはじめよう!と思い立ったときに、あなたは「勉強計画」を立てていますか。目標期日がある場合、勉強でも仕事でも計画を立てることをおすすめします。

私は資格試験のときも、仕事でも、自分計画を立てています。あらかじめ計画を立てておくことで時間に余裕ができ、継続しやすく、効率的に実行できるからです。私の経験を踏まえて、あなたが勉強計画を立てるメリットを2つ、お話します。

  • 勉強時間の有効活用
  • 進捗度、達成度の確認

勉強時間の有効活用

通勤時間は勉強をする、と決めていても、勉強する内容を決めていなければ「別のこと」をやってしまったり、「何を勉強しようかな」と考えているうちに、何もしないまま終わってしまうでしょう。勉強計画があれば、「明日の通勤中は○○を勉強」と予定が決まっているので、取り組みやすくなります。

進捗度、達成度の確認

計画を立てていなければ、どれくらい勉強が進んでいるのか、遅れているのかがわかりません。あらかじめ計画を立てておくことで、進捗度と達成度を明確にすることができます。

例えば、あなたが資格試験を受けると仮定します。

  • どれくらいの知識レベルで合格できるのか
  • そのために試験日までに、どれだけの勉強が必要なのか
  • 勉強し忘れていることはないか

計画を準備しておけば、いつでも自分の状況を確認することができます。勉強が遅れていれば時間を増やす、進んでいればもう少し深く勉強する、覚えた科目は勉強時間を減らし、苦手な科目は勉強時間を増やす、など、柔軟に対応することができます。

資格試験ならば、目標期日は試験日です。試験日までに合格水準に到達しなければいけません。どんなに勉強時間を費やしても、合格水準に届かなければ不合格なのです。

具体的な計画の立て方

では、具体的な勉強計画の立て方を紹介します。目標期日がある場合、その日に間に合わなければ意味がありません。例えば、「資格試験を受けるならば、試験日」「海外出張で英会話が必要ならば、出張出発日」です。

これらの目標期日がいつなのか(○月○日)を明確にし、事前準備を行います。

  • 何を勉強するのか
  • どれくらいの達成度が必要なのか
  • 参考書を購入して計画作成

何を勉強するのか

「海外出張のために英会話を勉強する」と決めても、「何を勉強するのか」が決まるとは限りません。日常的な英会話で良いのか、仕事でプレゼンができるビジネス英会話なのか、で勉強する内容が変わってしまいます。語学勉強などの場合は、特に意識をして「何を勉強するのか」を明確にしましょう

どれくらいの達成度が必要なのか

「日常英会話」と「ビジネス英会話」では、英会話力が違いますよね。また、ビジネス英会話と言っても「自分で話してプレゼンする」のか「通訳がいるので、会議の内容が聞き取れる」だけで良いのか、でも達成度は変わってきます。ビジネス英単語を「話せる」のか「聞き取れる」のか、など自分に必要な達成度を明確にしましょう。

参考書を購入してから計画作成

上のふたつを明確にした後は、参考書を購入します。参考書の選び方は、こちらの記事をお読み下さい。

→参考書の選び方

参考書を購入した後は、参考書の科目に沿って計画を立てていきます。

例えば6科目あると仮定して、1科目1週間だと、勉強完了まで6週間(一ヶ月半)かかります。次に1科目1週間で終えるため、一日何ページやるのかを決めていきます。

ですが、勉強のみに照準を合わせていると、計画倒れになりやすいため注意が必要です。仕事やプライベートの時間を、勉強計画を立てると同時に確保しておきましょう。

勉強だけではなく、あなたが計画を立てて実行するコツは、こちらに集約されています。

(Amazon)倒れない計画術【メンタリストDaiGo】
(Rakuten)倒れない計画術【メンタリストDaiGo】

まとめ:なぜ勉強計画を立てるのか

勉強計画を立てる理由は2つです。

  • 勉強時間の有効活用のため
  • 進捗度、達成度の確認を容易にするため

具体的な計画の立て方です。

  • 何を勉強するのかを決める
  • どれくらいの達成度が必要なのかを確認する
  • 参考書を購入してから、計画を作成する

目的地の決まっていない旅は面白いかもしれませんが、目的と目標の定まっていない勉強は無意味になります。計画を活用して勉強成果を出しましょう。