初心者におすすめ【FP3級】

資格

初心者におすすめ【FP3級】

あなたが資格試験を受けるなら、もちろん、落ちたくありませんよね。試験には落ちたくないけれど、お金をかけて、役に立たない資格なんて取りたくありませんよね。きちんと勉強すれば一発合格が狙えて、とても役に立つ資格を紹介します。私も一発合格させてもらった試験です。

3級ファイナンシャル・プランニング技能士(以下、「FP3級」と言います。)

FP3級をあなたにおすすめする理由は、3つあります。

  • 勉強内容が役に立つ
  • 国家資格で誰でも受験可能
  • 合格率が高く、試験回数が多い

勉強内容が役に立つ

日本の社会制度や日本の生活基盤に、直接関係する科目を勉強することになります。勉強するのは、以下の6項目です。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスクマネジメント(保険のこと)
  • 金融資産運用(株などのこと)
  • タックスプランニング(税金のこと)
  • 不動産
  • 相続・事業承継

日本で生活をしているのならば、どの内容も知っておいて損することはありません。貯蓄積立、生命保険、確定申告や相続税などは、知らないことで貴重なお金と時間を失う可能性があります。

国家資格で誰でも受験可能

高難易度試験や国家資格には、その試験の受験資格が必要な場合があります。しかしFP3級は、誰でも受験することが可能です。誰でも受験可能な「国家資格」に定められているため、一度合格すれば一生ものの「国家資格」を手に入れることになります。

合格率が高く、試験回数が多い

FP協会(2019年1月合格率)  学科 約74% 実技 約83%

FP3級試験は、年に3回試験が行われています。試験を受けようとしていても、年に1回しか実施されてない試験では、仕事のタイミングが合わず受験できないときがあります。また、仕事の都合や家庭の事情で、2回目の試験に臨まなければいけないときもあります。試験の回数が多いため、受験計画を修正しやすいのが、特徴です。

受験科目は「学科」「実技」の2科目です。2科目どちらも基準点を満たすと、合格通知をもらうことができます。実はこの2科目、同時に受験する必要はありません。今回は「学科」だけ受験し、次は「実技」を受験する、で良いのです。ひとつの科目に合格してから2年以内に、もうひとつの科目にも合格できれば、「合格通知」をもらうことができます。

FP3級は、本当におすすめの資格なのか

資格試験のメリットについてお話しましたが、当然、デメリットもあります。

  • たくさんの人が持っている
  • 独占業務ではない

たくさんの人が持っている

金融関連資格の中では、超入門資格になります。保険会社や銀行では、新入社員全員に受験させている、と言っても過言ではないでしょう。とてもたくさんの人が受験し、合格している資格試験です。頑張って合格しても、希少性が低いのは残念です。

独占業務ではない

医師免許を持っていなければ、医者として働くことができません。このような業務を「独占業務」と言います。残念なことに、FP3級は独占業務ではありません。この資格を取ったからと言って、特別な職業や業務ができるようになるわけではありません。

まとめ:初心者におすすめ【FP3級】

どんなに簡単な資格試験だったとしても、受かれば嬉しいのです。勉強の結果を出せば、自信につながるのです。大人になってから、じっくり勉強に取り組んでいない人にこそ、FP3級をおすすめします。理由は3つです。

  • 勉強内容が役に立つ
  • 国家資格で誰でも受験可能
  • 合格率が高く、試験回数が多い

日本の社会制度や日本の生活基盤に、直接関係する科目を勉強することになりますが、ちょっと苦手意識を持っている方は、こちらをどうぞ。

(Amazon)経済のことよくわからないまま社会人になった人へ【池上彰】
(Rakuten)経済のことよくわからないまま社会人になった人へ【池上彰】

FP3級で勉強する「資金計画」「リスクマネジメント」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」の部分を、わかりやすく解説してくれています。あなたが受験について悩んでいるのなら、この本を読んでみて、興味が沸いてから挑戦するのが良いと思います。