断捨離した基礎体温計

断捨離

断捨離した基礎体温計

女性の健康管理アイテムと言えば、基礎体温計が有名です。私は健康管理のために、基礎体温計を使って基礎体温を記録し、活用してきました。

しかし、基礎体温計が壊れてしまいました。

新しいものを探したのですが、なかなか気に入るものは見つかりません。本当にどうしても必要だと考えているものであれば、買い換えに悩むということはありませんよね。つまり、断捨離チャンスです。

断捨離をしてしまう前に、基礎体温計のメリットとデメリットを整理しました。

基礎体温計のメリット

基礎体温の記録とは、身体の状態を知る情報を記録することです。「月経周期がわかる」「排卵日がわかる」「身体の不調がわかる」など、毎日の記録がトラブル発見のきっかけになってくれます。

基礎体温計は、体温計本体にデータ記録してくれるものが多いのが嬉しいですね。(通常の体温計で基礎体温を測る場合は、自分でノートやアプリに記録しておかなければなりません。)

基礎体温計のデメリット

私には、とにかく面倒くさかったです。基礎体温の記録=健康管理というメリットがデメリットを打ち消していましたが、改めて振り返って考えてみると、面倒くさくて仕方がなかったです。こんなに面倒に感じた理由は、「計測時間が長い」「アラームが鳴る」からです。正確な体温を測るため、通常の体温計より計測時間が長く、毎日同じ時間に体温を測るため、目覚ましではないアラームが鳴ります。早く起きる必要がないときも、アラームで起こされてしまうのです。

OuraRing

基礎体温計を断捨離するかの検討前に、健康管理デジタルガジェットとして、OuraRingを購入していました。私が気に入りそうな基礎体温計が見つからないまま、ある日、ふと、OuraRingに体温記録があることに気がついたのです。

『BODY TEMPERATURE』は『月経周期の段階を理解して追跡する』という説明がされています。そもそも基礎体温は、起きたときの体温ではなく、寝ているときの体温です。OuraRingの計測と相性が良さそうなので、私は両方の計測値を比べてみることにしました。

基礎体温計は○○.○○度と記録されるのに対し、OuraRingは+-(プラスマイナス)と記録されます。これまでの基礎体温記録との違い、月経周期予定月経日のずれなどを3ヶ月間突き合わせて確認しました。基礎体温計の計測値とOuraRingの計測値に、ほとんど違いはありませんでした。 むしろ、私が想像していた以上に、正確に計測されています。基準体温そのものは表示されませんが、どうしても基準体温値を知りたければ、通常の体温計で計測すればよいだけです。(私は、風邪やインフルエンザにかかってしまったときのため、通常の体温計を所有しています。)

月経予定日は自分で記録を見て、予測を立てるしかありません。しかし、月間グラフが表示されるため、簡単に予測を立てることができます。また毎朝OuraRingの記録を確認すれば、体温変化はすぐにわかるため、月経タイミングを見逃すこともありません。

OuraRingのデメリットは、日本での購入方法が限られていること、サポートアプリが英語表記であること、指輪をつけていられない職業には向かないこと、です。ごつい見た目ですが、リングはとても軽く、丈夫です。華奢で、すぐに壊れるのではないかという不安がありましたが、まだまだ壊れそうにありません。

まとめ:断捨離した基礎体温計

基礎体温計からOuraRingの発想は突飛かもしれません。しかし今所持しているモノを、何か別のモノの機能に上乗せする、という想像力があれば、効率的な断捨離が可能になります。最適な量のモノを、自分が一番大切できる量のモノを、いつまでも大切にし続けたいです。

 

最近、Amazonで取り扱いの始まったOuraRingですが、私は公式サイトをお勧めします。理由は、仲介手数料がないため安く購入できること、アプリ使用開始前に英語環境に慣れることができること(もしくは、Google翻訳を使いこなす練習ができること)です。どちらを選ぶのかは、あなたの自由です。

(Amazon)OURA RING オーラリング
(公式サイト)OURA

※最近の取り組みとして、COVID-19を背景に、OURAはカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)での研究を後援し、OuraRingによって収集された生理学的データを、毎日の症状調査への応答と組み合わせて、病気の症状を予測できるかどうかを研究してくれています。この研究は、UCFがCOVID-19の発症、進行、回復のパターンを特定するのに役立つアルゴリズムを構築することを目的としているそうです。(公式サイトより)
私は、私がOuraRingを身に着けることで、サンプル数1として社会貢献できれば嬉しいと思います。